本文へスキップ


● 体験談のお手紙と、改善した症例 ● 
きもちあんしん.COM


同じような症状や問題で悩んでいる人たちや、カウンセリング&セラピーを
受けてみようかと迷っている人たちの参考になればと、みんなで願っています。
勇気を出せば、奇跡は自分の力で起こせますよ。 

ギャラリー

イメージ01

自信・自尊心・人間力強化

安心して過ごすため、あなたの中に眠っている長所と強みを引き出し、自尊心・自己肯定力・自信を強化します。

イメージ02

心と体のオンライン診療所

経験豊富な療法士が心の問題を解決、慢性的な心身症を改善へと導きながら本当のあなたを取り戻します。

イメージ03

性格改善・対人スキル開発

よく分からない自分のこと、理解できない人のこと、心理を分析し、対人術と人間関係のコツをお教えします

イメージ04

★ペットと人の体質改善★

自然のエネルギーを使って、副作用なく心と体の症状を改善する、最先端バイオレゾナンス小型治療器のリンクへ。


   お手紙どうもありがとう。


 ワギニスムス(性交痛)が治って、赤ちゃんを授かった方から。



ご無沙汰いたしております。日本に帰ってきてから、念願の子どもをもうけまして子育てに追われておりました。
大変ですが、幸せいっぱいです。

生活も落ち着いてきましたので、随分遅くなってしまいましたが体験記を送らせてください。
同じ辛い症状で苦しんでいる方々のお役になてることを心から願っています。




**************************************************



当時の悩み。


私はワギニスムス(性交痛・性交陣痛)と言う症状で3年間悩んでいました。
どのような症状かと言うと、膣の筋肉が収縮して性交時にひどい痛みを生じるため、性交渉ができないというものです。
私の場合、小指も入らない程の重症でした。

結婚2年目で子どもが欲しいと思っていた時でいたので、必要以上に気は焦り、なにより主人に申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

婦人科や内科、泌尿器科などをたらいまわしにされた挙句なんの治療法もなく、カウンセリングを紹介されましたが、時間だけが経っていくだけで何の変化もありませんでした。


このままでは主人に離婚されてもしょうがない・・・と、どうしようもない悲しみでいっぱいでした。




セラピーを受けようと思ったきっかけ。


そんな時たまたま、松尾先生のHPを拝見する機会に恵まれ、ワギニスムスの治療もしていることを知り、何と言うか、
救われたような気持ちで早速メールで問い合わせたところ、すぐにお返事を頂きました。

素人の私にも分かるようにセラピーの内容を詳しく説明してくださり、明るい希望を抱いたまでは良かったのですが、場所がイギリスとのことで再度絶望感に襲われたのを覚えています。


その後も諦めきれず迷っていましたが、思い切って主人に伝えたところ「行って来いよ」と一言いってくれ、イギリス行きを決意しました。
海外へは新婚旅行でスイスに行ったきりなので心配でしたが、清水の舞台から飛び降りるつもりで覚悟しました。



家の事情もあり、長い間滞在することが出来ないことを先生に伝え、それでも治療が可能かとお伺いしたところ、「不可能などない」という力強いお返事を頂き、最長で3週間滞在できるように準備に取り掛かりました。

その間まめに先生と連絡を取り、必要事項などに答えながら、心と体の状態も随時お伝えしました。



すぐ近くにあるホテルを紹介してくださり、いざイギリスへ! という時になって、ものすごく怖くなって怖気づいたことを覚えています。

「もしも良くならなかったらどうしよう」とか「向こうで迷ったらどうしよう」とか考え始めてしまい、押しつぶされそうな不安でいっぱいになり、情けない話ですが、「やっぱり行くのやめようか・・・」と二の足を踏んでいたところ、
実家の母が「気分転換の旅行のつもりで行けばいいんなないの」と言ってくれ、肩の力が抜けました。




セラピーを受けての変化。


主人が成田空港まで見送ってくれ、無事にロンドンに到着しました。
次の日から先生とのセラピーが始まり、初めは緊張していましたが、日ごとにゆったりとリラックスしている自分がいることに気づき始めました。


毎日の生活の中で、いかに自分が気を張って緊張しているかということが 分かりました

そして、自分が自分でこの症状を作ってしまったのではないかと考え始めました。
この頃から、「ご自分のことを客観視できてますね。いい調子ですよ」と仰っていただけるようになりました。



それから徐々に自分自身についての「気づき」が始まります。

負けず嫌いなところ、見栄っ張りなところ、プライドが高いところ、人からバカにされたくないところ、自分の否を認めたくないところ、などを目の当たりにし、「自分はなんて嫌な人間なんだろう」と一瞬落ち込みましたが、「それも含めて自分なんだ」と、ある日簡単に認めることが出来ていました。

それに加え、当時の私はまだ母親になる心の準備がおそらくできていなかったように思います。



思いがけない自分へのご褒美!



ロンドンに滞在して2週間が過ぎた頃、「できることは全部やりましたので、帰国する前日にもう一度だけ来てください」と言われ、半信半疑のまま、以前から行ってみたいと思っていた湖水地方へ泊りがけで一人で出かけることにしました。
ピーターラビットのふる里です!

本来の私は心配性なのですが、そこでは意外なほどのんびりと骨休めができ、自分なりに楽しむこともでき、その変化にも驚きました。


日本へ帰る前日に先生の元へ行き、楽しくいろんなお話をしたり聞いたり、そして無事日本に帰ってまいりました。




日本に帰ってきてから。


日本に帰ってきてから、主人には「前よりもかわいくなった」(すみません、彼の意見です)と言われ、気持ちに余裕が出てきて、
不平不満もほとんど無くなり、毎日前向きな気分で過ごしている自分がいることに気づきました。

自分でも、随分素直になったと感じています。


そして一番驚いたことは、主人と普通に性交渉をしていた自分です。
嬉しくて感動で涙があふれ出して止まりませんでした。

その後妊娠していることが分かり、おかげ様で元気な男の子を出産致しました。
男の子ということもあり、主人も大喜びでした。



やんちゃ坊主の子育てに追われてお礼の手紙も出さずに申し訳なく思っておりましたが、今回第二子を妊娠していることが分かり(女の子です)、この喜びを先生に是非お知らせしたくて、またお礼を兼ねて体験記をまとめることにしました。
文章を書くのは得意ではありませんが、きっと私の気持ちは読まれた方々に届くと信じています。



実際、そちらに伺うまではいろんなことが不安で、特に金銭面での不安が大きかったのですが、お金には代えられない宝物を得ることができ、家族一同感謝致しております。
心かありがとうございました。


子どもがいづれ大きくなったら、是非もう一度、今度は主人を連れてイギリスを訪れたいと思っています。
スーツケースにいっぱい日本からのお土産を詰めて、松尾先生に会いに行きたいと願っています。


それまでどうぞお元気で。
遠くて近い日本から、ご活躍をお祈り致しております。