本文へスキップ


● 体験談のお手紙と、改善した症例 ● 
きもちあんしん.COM

同じような症状や問題で悩んでいる人たちや、カウンセリング&セラピーを
受けてみようかと迷っている人たちの参考になればと、みんなで願っています。
勇気を出せば、奇跡は自分の力で起こせますよ。 

ギャラリー

イメージ01

自信・自尊心・人間力強化

不安を⇒安心に変えて、自分の中に眠っている長所と強みを引き出し、自己肯定力を最大限に強化しましょう。

イメージ02

スカイプ心と体の診療所

経験豊富な療法士が、心の問題を短期で解決する手助けをしながら、慢性的な心身症を改善へと導きます。

イメージ03

性格改善・対人スキル開発

よく分からない自分のこと、理解できない人のこと、心理を分析し、対人術と人間関係のコツをお教えします。

イメージ04

★ペットと人の体質改善★

自然エネルギーを使って、副作用なく心と体の症状を改善する、最先端バイオレゾナンス小型治療器のリンクへ。


知らせ    お手紙どうもありがとう。



 トラウマとなった、とても辛い入院経験のあるうつ病が治った方から。


松尾先生、こんにちは。 お元気そうで何よりです。

お忙しい中、心のこもったうれしいメールをありがとうございます。
私は今実家を出て、上京資金を貯めるべく生活費の安いシェアハウスで暮らしています。
実家にいた間、母とよく先生のこと、受けていたカウンセリング&セラピーの話をしていました。

母とはよく話すので、私のうつが治ったことをとても喜んでいるのが、ロンドンにいた頃から知っていましたが、
無口な父も、母に「Y(この方のお名前)は、本当に困った時に助けてくれる人と出会えて幸せだ。ありがたい」と言っていたそうです。

私には何も言わないけど、父もそう思ってくれていることが嬉しかったです。
そして、私が思っていた以上に、父が私を想ってくれているのを知りました。


体験談が遅くなって申し訳ありません。
書きたいことが多すぎて、あまりにも長くなってしまい、短く削ってもまだ長いのです・・・。

体験談があまりにも長いと、分かりやすいという方もいるかもしれませんが、読みにくいかとも思いますので、もっとシンプルに!と思えば書き直しますのでおっしゃってください。
先生の方で必要と思われる部分だけどピックアップしてくださっても構いません。


体験談を書きながら、幸せな気持ちなったり、うれし涙がじわ〜と出てきたりと、先生が私についていてくれることを想いました。

体験談の中にも書きましたが、先生から教えて頂いたことは、私にとってとても大切な言葉ばかりで、私の中で生きていて活躍しています。
本当にありがとうございました。


*******************************************************



治らないうつの症状と、精神的な問題。



初めてうつになって、薬を飲みだしたのが9年前。
その時は、1年ほどで薬を飲まなくてもいいようになったものの、何か辛いことが続くとまた薬が必要になったり、何もできなくなったりと、何度か繰り返していました。

頭の中では、「こう考えた方が良い」と分かっていても、心がついていかず、自分自身に無理にやり思わせているだけで、余計にストレスになっていました。


『どうして私は、他の人みたいにできないんだ?!』 人と自分を比べて、劣等感や恥ずかしさを感じていました。

幼馴染の長年付き合いのある友人とさえ、会って別れた後、「私は今日何か嫌なことをしなかったか? 馬鹿だと思われなかったか? もう付き合いをやめようと思われなかったか?」と不安になることが頻繁にありました。

臆病で何も言えないくせに、心の中では人への不満がいっぱいで、でも何か言う勇気もなく、溜め込んだり、言ったかと思えば、言い訳がましかったり文句だったり。


そんな私に、先生は毎回全力で、『そのままの自分でいいこと と 変えなければいけないこと』を教えてくださいました。


最初は不思議だったのですが、今まで読んだり誰かに言われた言葉と同じでも、先生が言うと浸透してきました。
心から納得でき、時にはストン!とすぐに、「そうだよね!」と感じました。

それは先生が目の前にいて、他の誰でもない私に直接伝えてくれているから。
一切手抜きをせず、心と頭を使って、本気でうつを治そうとして下さっているから。

そして何度か会ううちに、私が、先生の考え方と治療を信頼するようになったからでした。



全然分かってなかった自分のことと、たくさんの気づき。


初めて先生とスカイプでお話した時、先生は「クライアントは受け身なだけでは困る、共同作業なのだから」と仰いました。

その時私は、「受け身なだけのつもりではありません」と言いましたが、数回目のセッションの時に、「そんなこと分かってる!」と自分では思っていたつもりが、本当は、『カウンセラーの先生に私を何とかしてもらう・何とかしてもらえる』と、思いっきり受け身だった自分の心が分かりました。
(後々、まだまだその気持ちがたくさんあったことが分かるのですが)

厳しい言葉も多く、最初は戸惑いました。
一般的なカウンセリングのイメージしかなかったのと、私の中にある、抵抗して受け入れたくなかった気持ちのためです。
でも先生は、言い方を変えたり、例え話をしたり、実体験を聞かせて下さったり、分かりやすく根気強く話してくれました。

最初に、「理解できなくてもいいから。 とりあえず、"あぁそうなのか" と思って聞いていたらいいから」と言って頂いたのも、頭が固い私には良かったことでした。


私がずっと欲しくて、でもどうやったら得られるのか分からなくて、何よりも必要としていたものを、先生はたくさんくれました。


私が勝手に思い込んでいた『思い込み』や『こうしなければ!』 そんなおかしなルールで、私はガチガチでした。
でもそれは、毎回受けるセッションの後に軽くなっていきました。 一時的な軽さではありませんでした。



「良い人」を演じ続けていた自分と、目から鱗。


私は、良い人と思われたい。 馬鹿だと思われたくない。 非常識と思われたくない。 など、人にどう思われるかをすごく気にしていました。
良い顔したり、なんでも「いいよいいよ」と言ったり。『良い人にならなければいけない』と当然のように思っていました。

そうやって人に気に入ってもらっても、その人たちは本当の私を好きなわけじゃない。
そして、演じて人に好かれようとすることは、相手をコントロールしようとしていることだとも教えて頂き、納得できました

なにより、そうやって演じることは、『そのままの私では駄目なんだから』と自分自身を否定し続けてきたことでもあると、やっと知った時、「なんてひどいことをずっと自分にしてきたんだ!」と思い、心の中で自分に謝りました。


嫌だなと思っても、この方が『良い人と思われそうだから』『正しいことだから』
何様でもない私が、「これが正しい、これは間違い」 なぜそれを決められると思い込んでいたのでしょうか。

そうやって、自分の感情に蓋をして、人からの評価を気にしながら生きていて、心が潰れることを自分でやってきていました。


先生が、「自分よりも、人の言うことを信じたんだね」と言われた時、ハッとしました。

人にどう思われるかを気にしていた表面だけの行動。 
そうやって行動してばかりで、失敗を避けてばかりでは『自信』が培われないこと。
『自信』とは、自分で考え、行動して、創っていくもの。


説明して頂くことで、今まで分かっていたつもりで全然分かっていなかったことを教えて頂きました。
今では、そりゃそうだろうと思います。


それまでは、心ではなく、頭ばかりでどうするのか、何がいいのかを決めようとしてきました。
私がいくら考えても、答えが分からないことは世の中には山ほどある。
そんな当然のことを、私は知りませんでした。 当たり前のことなのに、私にとっては目から鱗でした。



答えは、一つだけではない。


いつも何か問題があると悩んで、でも、"分からない分からない! 馬鹿だから、頭が固いから、どうして私はこうなんだ・・・" と、落ち込んでいるだけでした。

『分かる』のが当然のように、答えを求めていたのです。『一つだけの正しい答え』があると、思い込んでいました。
先生は『答えは一つじゃない。 何にでも二つ以上の答えがある』とも、教えて下さいました。


今は考えることはあっても、そのことで苦しくならないし、保留できるようにもなりました。
そして、理解したり考えたりする必要のないこともあると、分けられるようになりました。


良い人と思われなくてもいい、賢いと思われなくてもいい、変な人と思われてもいい、人にどう思われてもいい、そのままの自分でいい。

どれだけ心が軽くなったことでしょうか。
大人になって、一時的にではなく、こんなに心が軽くなったのは初めてでした。


それまで、一度も嬉し泣きをしたことが無かった私が、心が軽くなってモヤモヤ考えたり、ネガティブな想像もなくなって、何度も何度も泣きました。
特別なことをしていなくても、心が晴れ晴れしているのが嬉しくて



毎日20錠の薬と、恐怖の入院経験。


うつが一番酷かった時、一日に20錠以上の薬を飲んでいました。 入院もしました。 体重が15キロも減りました。

それから9年の間、何度かまたうつになり、仕事を辞めたり、必要最低限しか家から出なかったり。


薬を飲んだり繰り返していた私ですが、まつお先生の所に通い始めてしばらくたって、先生に「私、もううつにはならないと思います」と言えました。

本当にそう思えたからです。


先生に、落ち込みそうな時にどんなことが効くか、そっちにどんどん行かず落ち込み始めで止めておくことを教えて頂きました。

そして、一番私になかったものは、『絶対にその状態にならないぞ!』という強い気持ちでした。

先生の厳しい励ましがなかったら、「落ち込みたくはないんだけどね〜」と、そうなったらいいな〜 と、願い事のように思っているだけの私でした。



神様がくれた、平等で大切な感情たち。


『感情をえこひいきしない』

私は、ネガティブな感情を駄目なものと思っていました。
怒りがあると、こんなことで怒る自分は駄目なんだ・・と思い、悲しくなったり泣いたりすると、自分は心が弱い駄目な人間だ・・・と思い、自分を責めて、二重に苦しくなっていました。

悲しい・寂しい・嫌い・腹が立つ などは、持ってはいけない感情だと思い込んでいました。
「悲しいも、悔しいも、苛立ちも押し殺さず、感じてあげていいんだ」 と教えて頂いた時、また心が楽になりました。


そして、先生がおっしゃった私のお気に入りの言葉、『人生の醍醐味』にとても助けられています。
「失敗して、落ち込んで、また挑戦して、努力して、それが人生の醍醐味」とおっしゃった言葉が、とても印象的でした。

悩んだり、怒ったり、悲しんだり、立ち直ったり、今では「そういうのも、人生の醍醐味だな」と。
先生が話してくれた時の感覚とともに蘇ります。 「生きているんだ」と。



そして、『人への礼儀、思いやり』

誰にも言ったことはありませんでしたが、私は「自分ではちゃんとしている方だ」と思っていました。
それが、いかにいい加減なものだったことか。 気づいていない範囲が多かったことか。

先生に注意して頂く度に、私の返事は、「気づいていませんでした」「考えていませんでした」 ほとんどが、結局自分が良く思われたいからしていたことでした。


そこに心が無かったら疲れるし、『やってあげた感』があるし、相手のためではなく、自分の評価のためにしているから『抜け』ばかり。
『ちゃんとしている方』と思っていた私は、ただの適当な人のことを考えていない私でした。

自分が人のためにしたことは覚えているくせに、人が私のためにしてくれていることには気づいていなかったり相手がそのためにかけてくれている時間・労力・思いやりを診ておらず、感謝の気持ちも浅く小さいものでした。

心で感じず、頭で考えてばかりでした。 頭を使うべきところは、全く使わずでした。



劇的に変わり始めた私の人生。


先生にお世話になり始めて、すぐに仕事の成果と結果がどんどん変わっていきました。

仕事中の苦手なことが、苦手ではなくなってきたのは自分で感じていましたが、結果がそんなに早く出るなんて驚きでした。

職場での売り上げも収入もどんどん上がっていき、周りのみんなに認めてもらえて一目置かれるほどにもなりました。


今まで一番苦手だった人間関係も、仕事も楽しくなっていきました。

『うまくやる』のではなくて、『一所懸命やる』
それで余計なプレッシャーがとれ、卑下するでもなく、怠けるでもなく、そのまま『たいしたことのない私なんだから、ただ一所懸命やろう』と思えるようになりました。



『最低限の礼儀』

私には、これが難しかったです。 私は自分のことばかり。
今までやってこなかったこと、考えてこなかったこと、いきなりできる私には変わらないと、「できない」「分からない」と言い続けていました。

でも先生は最後の最後まで、先生が何度も何度も、本当に時間と心と労力をかけて伝えてくださったこと。
『完璧にはできないけど、一所懸命に相手のことも頭を使って考える。 心を使って思いやる』
私に無かったのは、やろうと努める自分の気持ち・決意でした。


他にも私が変えて頂いたものはたくさんありますが、とても長くなりすぎるのでここまでにします。



生きているのが楽しい、今の私。


今は、定期的なカウンセリングは受けていませんが、日々の生活や仕事中に、以前の私はこうじゃなかったな、と実感することがたくさんあります。

人に対しても、無理せず、気負わず、振る舞えるようになれました。
何か言われても長々落ち込まず、気を付けることと、気にしなくていいことに分けることができるようになりました。

今は生きているのが楽しいし、これから先のことを考えても、以前は不安や寂しさだらけだったのが、ワクワクする気持ちに変わっています。
先生から教えて頂いた、『自分らしく、精一杯生きる』が楽しいです。

本当に、大切で必要だったものを、先生にたくさん教えて頂きました。 人生を変えて頂いたと感じています。
松尾先生、ありがとうございました。